りんくうメディカルクリニック[がん先進治療、がん予防・再発防止、がん超早期発見検査]

TOP > がん先進治療 > 温熱療法

がん先進治療温熱療法

高周波(ラジオ波)を用いて体の深部にあるがん腫瘍を加温し、
42℃以上の温度によって壊死を誘発する治療法

治療内容

がん組織は正常組織に比べ温度が上がると熱がこもりやすく、42℃以上の温度によって壊死しやすいことが知られています。 温熱療法(ハイパーサーミア)は、腫瘍部分に、8㎒の高周波(ラジオ波)を用いて熱をあてて、壊死の誘発を行います。

この治療は、医療法人龍志会 IGTクリニックで行われる治療になります。
※IGTクリニックと当クリニックは、お互いの治療に適した患者さまを紹介して治療を受けていただく「相互送患」を行っております。

温熱療法のみでも、がん病巣が小さくなることもありますが、単独では十分な効果が得にくい場合があります。

その場合は、他のがん治療法を組み合わせることで相乗的な効果が期待できます。

抗がん剤治療との組み合わせ

抗がん剤の治療効果を高めて、副作用軽減が期待できます。

光がん免疫療法、遺伝子療法との組み合わせ

光感作物質や遺伝子の導入率向上や、治療後の免疫誘導などが期待できます。

放射線治療との組み合わせ

放射線治療の治療効果向上が期待できます。

免疫治療との組み合わせ

がん細胞の免疫逃避の仕組みを減弱と免疫細胞の活性化が期待できます。

血管塞栓術との組み合わせ

塞栓によりがん細胞の温熱感受性が高くなり、抗がん剤の薬効の向上が期待できます。

この治療の目的

  • 加温による「がん」治療効果が期待できます。
  • 自己免疫機能を活性化し、制がん効果が期待できます。
  • がん性疼痛緩和が期待できます。
  • 食欲増進、体力の回復、気分が良くなる、よく眠れるなど、QOL(生活の質)の向上が期待できます。

適応するがんの種類

固形がん

この治療に適応でない方

  • ペースメーカーや加温部位にステントなど金属が入っている方
  • 心臓、腎臓の機能が悪い方
  • 妊娠中の方

こんな方が受けられています

  • 副作用が少ないがん治療をご希望の患者さま
  • 手術では難しいがんに罹患されている患者さま
  • 末期がんの患者さま、難治性がんの患者さま
  • 抗がん剤や放射線治療との併用を考えられている患者さま

リスク・副作用

  • 温熱効果により、がんの大きさを小さくする目的の治療です。
  • 全てのがんの根治に繋がるものではありません。
TOP