りんくうメディカルクリニック[がん先進治療、がん予防・再発防止、がん超早期発見検査]

TOP > がん超早期発見検査 > その他の検査

がん超早期発見検査その他の検査

りんくうメディカルクリニックでは、多角的にがんの検査を行い、がんの発見だけでなく、進行度やその後の治療に有用な情報までを推測することのできる、精度の高い各種がん検査を行っています。
わずかな血液や唾液の採取だけで、手軽に行っていただだくことができます。ご自身の身体の状態を把握して、患者さまのご希望に合わせて、ひとり一人に合った治療を提案させていただきます。

マイクロアレイ検査

がんに関わる遺伝子(RNA)を解析して、「胃」「大腸」「すい臓」「胆道」の4つのがんについて、90%以上の精度で臓器を特定して発見します。

検査対象:胃がん大腸がんすい臓がん胆道がん

メカニズム

マイクロアレイ検査は、がんなどの異物に対する体の反応を評価して、胃がん・大腸がん・すい臓がん・胆道がんの4種の消化器がんのリスクを調べる検査です。
がん細胞が体内にあるときには、数千種類のmRNAが特定のパターンで発現することが明らかになっているため、この反応パターンからがんを判定します。

検査方法

約5.0㏄の採血を行います。事前の食事制限などは必要ありません。

リスク・副作用

  • 早期発見、早期治療による救命効果を目的とした検査です。
  • 前がん病変が発見されることがあります。それを治療することでがん化を防ぐことを目的としています。
  • 100%の精度でがんを発見するものではありません。
  • 生命状態に影響しないがんを発見する場合もあります。
  • 血液採取の際に、まれに皮下血腫・神経損傷などの合併症が起きることがあります。
  • がんのリスク判定を行うものであり、確定診断を行うものではありません。

プロテオ検査

固形がんをステージ0レベルから検出できるがんリスク判定検査。進行リスク、再発・移転リスク
治療効果のリスクも判定できます。

検査対象:膵がん肺がん乳がん胃がん肝がん大腸がん舌がん甲状腺がん腎臓がん前立腺がん子宮がん卵巣がん他、固形がん

メカニズム

プロテオ検査は、膵がん、肺がん、乳がん、胃がん、肝がん、大腸がん、舌がん、甲状腺がん、腎臓がん、前立腺がん、子宮がん、卵巣がんなどの固形がんが体内にあるかどうかを超早期に発見する検査です。
血液中のがん細胞由来のヌクレオソームだけを発光させて、その光の強さや量からがんのリスクを診断します。

検査で判明すること

プロテオ検査ではC(リスク高)・B(要観察)・A(リスク低)の三段階に分類・判定します。

検査方法

約5.0㏄の採血を行います。事前の食事制限などは必要ありません。

リスク・副作用

  • 早期発見、早期治療による救命効果を目的とした検査です。
  • 前がん病変が発見されることがあります。それを治療することでがん化を防ぐことを目的としています。
  • 100%の精度でがんを発見するものではありません。
  • 生命状態に影響しないがんを発見する場合もあります。
  • 血液採取の際に、まれに皮下血腫・神経損傷などの合併症が起きることがあります。
  • がんのリスク判定を行うものであり、確定診断を行うものではありません。

サリバチェック

ご自身の唾液に含まれる、がん細胞から染み出す代謝物を検出します。数滴の唾液を採取するだけで、複数のがんリスクが判明します。

検査対象:膵がん肺がん乳がん胃がん肝がん大腸がん肺がん大腸がんすい臓がん乳がん口腔がん

メカニズム

サリバチェックは、唾液を使ったがんのスクリーニング検査です。唾液の中がん細胞から分泌されるポリアミンを調べることで、肺がん・大腸がん・すい臓がん・乳がん(女性のみ)・口腔がんのリスクを超早期に判明します。

検査で判明すること

サリバチェック検査では、肺がん・大腸がん・すい臓がん・乳がん・口腔がんの5種類のがんのリスクを判定できます。

検査方法

自然に口の中に溜まる唾液をストローで専用の容器に採取します。事前の食事制限があります。詳しくはカウンセリング時にご説明いたします。

リスク・副作用

  • 早期発見、早期治療による救命効果を目的とした検査です。
  • 前がん病変が発見されることがあります。それを治療することでがん化を防ぐことを目的としています。
  • 100%の精度でがんを発見するものではありません。
  • 生命状態に影響しないがんを発見する場合もあります。
  • 血液採取の際に、まれに皮下血腫・神経損傷などの合併症が起きることがあります。
  • がんのリスク判定を行うものであり、確定診断を行うものではありません。

がん遺伝子検査

ご自身の血液中の遺伝子を調べることで、がん細胞により起こっている特定の遺伝子変異を網羅的に調べて、がんのリスクや最適な治療法を選択するものです。

検査対象:膵がん肺がん乳がん胃がん肝がん大腸がん舌がん甲状腺がん腎臓がん前立腺がん子宮がん卵巣がん他、固形がん

メカニズム

遺伝子は人間の体を構成する細胞の設計図です。この遺伝子に変異や発現異常が生じると、細胞のコントロールが失われてがんのリスクが高まります。がん遺伝子検査は、この遺伝子の変異や異常を調べる検査です。

検査で判明すること

がん遺伝子検査は、血液中の遺伝子の発現や突然変異、メチル化などを検出し、総合的にがんのリスクを判定することができます。

検査方法

約20㏄の採血を行います。事前の食事制限などは必要ありません。

リスク・副作用

  • 早期発見、早期治療による救命効果を目的とした検査です。
  • 前がん病変が発見されることがあります。それを治療することでがん化を防ぐことを目的としています。
  • 100%の精度でがんを発見するものではありません。
  • 生命状態に影響しないがんを発見する場合もあります。
  • 血液採取の際に、まれに皮下血腫・神経損傷などの合併症が起きることがあります。
  • がんのリスク判定を行うものであり、確定診断を行うものではありません。
TOP