りんくうメディカルクリニック[がん先進治療、がん予防・再発防止、がん超早期発見検査]

TOP > がん超早期発見検査

がん超早期発見検査

先進の多角的なアプローチでいち早く
小さながん細胞も発見する

日本人の2人に1人ががんに罹患する時代。日本では国を挙げてがん検診の実施を実施しています。 しかし、現在のがん検診で行われている検査は、がんがある程度大きくならないと発見することが難しいとされています。
そこで私たちは、自覚症状が現れる前にがんを発見し、早期治療を行うことによって、がんによる死亡リスクを減少させることに取り組んでいます。 早期にがんを発見することで、十分な治療時間を確保することができ、より副作用の少ない治療が選択可能になります。さらに、今まで通りの生活を維持しながら治療を受けることも容易です。
将来のがん罹患リスクの軽減を目指して、いち早く予防や対策に取り組んでいただけます。

CTC
(血中循環がん細胞)
検査

血液中に循環している循環がん細胞(CTC)と循環がん幹細胞(CSC)を検出することによる、がんの超早期発見や再発、治療の予後の検知

その他の検査

多角的にがんの検査を行い、がんの発見だけでなく、進行度やその後の治療に有用な情報までを推測することのできる、精度の高い各種がん検査を行っています

TOP