りんくうメディカルクリニック[がん先進治療、がん予防・再発防止、がん超早期発見検査]

TOP > がん予防・再発防止 > 光がん予防(LLLT)

がん予防・再発防止光がん予防(LLLT)

血管内にLLLT(低出力レーザー)を照射して、血液中の循環がん細胞(CTC)と
循環がん幹細胞(CSC)を破壊する予防治療

治療内容

循環がん細胞(CTC)とは、血液中を巡っているがん細胞のことです。体内にあるがん細胞の大きさが1〜1.5mm程度になると、栄養や酸素を求めて血管内へ浸潤し、血液中を巡ります。
さらにがんの原発巣は血管から新生血管をつくりだし、大量の栄養や酸素を消費しながら循環がん幹細胞(CSC)を放出し、転移をくり返します。 このCTCとCSCをピンポイントで殺傷することで、転移を防止し、新たながん組織の形成を防ぐ治療が、光がん予防(LLLT)です。

治療には、リポソーム加工した光感作物質と低出力レーザーを使用します。
光感作物質とは、レーザー光を当てることによって、周囲にエネルギーを放出し、酸化反応を起こす色素になります。治療には、緑色の色素であるインドシアニングリーン(ICG)を使用します。
これを、がん細胞にのみ蓄積する脂質の膜に包んで、100nm(ナノメートル)くらいの大きさに加工(リポソーム化)します。

リポソーム化した光感作物質を点滴にて静脈に投与します。 静脈内の光感作物質は、同じく血管内を巡っているCTC・CSCに蓄積します。
また、EPR効果(※)により、他のがん細胞にも集積します。リポソーム化した光感作物質は無害なため、この時点で副作用が発生したり、身体に変調をきたすことはありません。

EPR効果とは?

抗がん剤のような低分子の薬剤や遺伝子などを、がん細胞に効率的に運ぶDDS(ドラッグデリバリーシステム)の一種です。 がん細胞は分裂や増殖を行うために、周囲の毛細血管から新たに「新生血管」を作りだし、酸素や栄養をそこから取り込みます。新生血管は血管壁が正常血管よりも荒く、100〜200nm(ナノメートル)程度の隙間が空いています。
抗がん剤やがん治療に使う遺伝子、そして光感作物質の大きさは、通常で1nm(ナノメートル)以下の低分子です。この大きさのまま体内に投与すると、正常血管からも漏れ出してしまい、がんになっていない正常な組織にも届いて細胞を破壊してしまいます。抗がん剤などで副作用が出るのはこのためです。
そこで、正常血管からは漏れ出さずに、新生血管からのみ漏れ出すように、薬剤等の大きさを100nm(ナノメートル)程度に加工します。大きくなった薬剤等は、正常血管からは飛び出さす、新生血管からのみ飛び出すため、がん細胞に集中的に蓄積されます。さらに、漏れ出した薬剤等はふたたび血管内に戻りにくく、がん細周辺に留まります。



EPR効果の特長
  • 正常組織に薬剤等の影響が及びにくいため、副作用が少ない。
  • 副作用が少ないため、EPR効果を用いた治療と放射線治療などの他のがん治療が同時に行える
    EPR効果は2016年にノーベル賞候補にもなった前田浩氏の研究による技術です。

MLDS(マルチレーザーデリバリーシステム)という医療レーザー機器を使って、血管の中から低出力のレーザー光を照射します。 CTCやCSC、他のがん細胞などに蓄積した光感作物質がレーザー光に反応して、周囲にエネルギーを放出します。その際、光感作物質の周辺に酸化反応が起こり、周辺の酸素が過酸化物質に変わります。過酸化物質に取り囲まれたがん細胞は死滅します。
なお周辺の正常細胞には、過酸化物質も解毒するオキシダーゼという酸化酵素が備わっているため、過酸化物質による影響は受けません。 この治療によりがんの発生・転移・再発を予防します。

MLDS(マルチレーザーデリバリーシステム)とは

100ミリワット以下の低出力照射が可能なレーザー機器です。静脈内、間室内、関節内、あるいは外部からのレーザー照射が可能です。

適応するがんの種類

循環がん細胞(CTC) 循環がん幹細胞(CSC)

リスク・副作用

  • 早期発見、早期治療による救命効果を目的とした治療です。
  • ICGの副作用はまれですが、悪心、嘔吐、蕁麻疹、発熱、ショック症状が起こることがあります。
  • 点滴の際に、まれに皮下血腫・神経損傷などの合併症が起きることがあります。

治療の流れ

STEP-1 カウンセリング医師が状態を診断し、治療の内容について詳しくご説明いたします

STEP-2 治療前の検査治療を受けられるかどうか判断するため、検査採血を行います。

STEP-3 光感作物質の投与リポソーム加工した光感作物質を点滴投与します。

STEP-4 レーザー光照射血管内にファイバーを通し、レーザー光を照射します。

STEP-5 治療効果の評価1セット治療の終了後に、治療効果を評価します。

TOP